手紙による礼状の書き方の注意点@


手紙による礼状の書き方にはいくつかの注意点があります。

一つは、出来るだけ早く礼状を送ることです。
文章の長い、短いは問題ではなく、スピード、早さの問題です。

誰かから親切にされたら、感謝の気持ちを込めて
時期を逸せずに礼状の手紙を出す理由としては、
贈り物などの場合は特に顕著であり、
相手方が届いただろうか?音沙汰が無いけど、どうなっているんだろう?
と、不安、疑問に思うものです。
いつまでもお礼の言葉一つ無ければ、人間関係を疑われてしまいます。
ですから、礼状は早ければ早いほどいいですが、
遅くとも三日以内には書いて送るようにしたいものです。

うまく書こうと意識する必要はなく、感謝の気持ちを込めて書き、早く出すことです。


礼状の書き方 TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。